2010年01月26日

<志位委員長>「天の声より民の声聞け」と民主党批判(毎日新聞)

 共産党の志位和夫委員長は21日の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件について「民主党は自浄能力を発揮しないで、検察やメディアに事実上の圧力を加えている。天の声(小沢氏)より民の声を聞けと強く言いたい」と批判した。また、小沢氏の国会への参考人招致を改めて求めた。【中田卓二】

【関連ニュース】
共産党大会:志位委員長を再任 市田書記局長も
共産党大会:志位委員長ら再任へ
志位委員長:オバマ大統領に会いたい 党大会でラブコール
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
共産党:旗開き 「参院選で躍進しよう」…志位委員長

大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
穀物供給国の事情視察へ=安定調達に布石−政府(時事通信)
<訃報>「キン肉マン」ロビンマスク役の声優 自殺か(毎日新聞)
ネット掲示板に男児裸画像=容疑で専門学校生逮捕−警視庁(時事通信)
「一つ一つ調べられるかと怖かった」菅家さんから供述引き出す検事(産経新聞)
posted by mn3i8nj3pf at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)

 ■ホノルルマラソン「続けて…」

 19日に会社更生法の適用を申請した日本航空の今後を、同社が協賛する団体やイベントの関係者が複雑な思いで見つめている。日航の支援決定をした企業再生支援機構は「スポンサー活動を即時にやめるのは想定していない」としているが、再建には国民負担も生じかねないだけに、広告・宣伝費の行方には不安が募る。契約継続を願って日航応援企画を組むファンがいる一方で、身の丈に合わせた「取捨選択が必要」という厳しい声も上がっている。

                   ◇

 ▼肩から胸に

 昨年11月末、横浜・日産スタジアムで行われたサッカーJ1の試合前。アウェーの清水エスパルス応援スタンドに、「JAL」の文字が入った幅20メートル以上ある特大の応援旗が広がった。

 「エスパルスの存続が危ぶまれたとき、日航が助けてくれた。今度はこっちの番…」。仕掛け人は川崎市の会社員、木村麻美さん(26)。ネット上で呼びかけると、100人を超すサポーターが胸に「JAL」のロゴが入った古いユニホームを着て集まり、「JAL頑張れ!」と声をからした。

 ロゴの位置こそユニホームの「胸」から「肩」へ変わったものの、日航はJリーグ発足以来のエスパルススポンサー。平成9年に運営会社が経営破綻(はたん)した際もクラブの存続に貢献した。

 木村さんは「公的な支援を受けて再建するのだから、スポンサーを降りることになっても仕方がない。でも、少しでも早く立て直してユニホームの『胸』に帰ってきてほしい。応援で地方に行くときは日航機を使うつもり」と話す。

 ▼立役者

 米ハワイで毎年12月に開かれるホノルルマラソンに日航が協賛を始めたのは昭和60年。「長年大会を支えていただいたことに感謝し、いち早い復興を願っている」と、主催するホノルルマラソン協会日本事務局の担当者は話す。

 日航は国内各都市からホノルル直行便を飛ばし、当初は全体の1割程度だった日本人参加者を6割にまで伸ばした。毎年約2万5千人が参加する世界的な市民マラソンに育てた立役者だが、深刻な経営危機の渦中に開催された昨年は、逆に参加者が日航への応援メッセージを書き込むボードが会場に掲げられる一幕も。今年、友人3人で参加する予定の東京都内の女性会社員(28)は「初心者でも参加しやすい大会。今までの形で続けてほしいのですが…」と不安げだ。

 ▼「取捨選択を」

 一連のスポンサー活動が日航のブランドイメージ作りに貢献したのは事実だが、利用者からは厳しい声も上がっている。

 株主歴10年以上で神奈川県内に住む男性会社員(44)は「こんな経営状況では全部が全部なくてもいい。取捨選択をし、アピール効果が大きいものだけを残せばいい」。事業再生に詳しい藤原総一郎弁護士も「政治的なつながりで惰性で続けてきたものは見直しの対象。ビジネスにプラスになるものは続けるだろうが、一つ一つ相当厳しく点検されるのは間違いない」と指摘している。

女子中学生らに大麻、ラップシンガーの男逮捕(読売新聞)
一畑電車活用協が車両運行を求める提言書 島根(産経新聞)
小沢幹事長、検察に宣戦布告!「断固戦う」(スポーツ報知)
小沢氏聴取 特捜部“直接対決” 「政治家のウソ」追及(産経新聞)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
posted by mn3i8nj3pf at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平沼氏、保守勢力の結集にも意気込み(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相は22日、BS11の番組収録で、夏の参院選前に新党を結成する方針を改めて表明するとともに、「新保守政策研究会」や拉致議連などを通じた保守勢力の結集へも意気込みをみせた。

 その上で、自民党との協力に前向きな姿勢を示し、民主党とも中井洽国家公安委員長や長島昭久防衛政務官、渡辺周総務政務官、松原仁衆院議員の名を挙げて、「組めそうな相手はたくさんいる」と述べた。

【関連記事】
自民が外国人地方参政権付与に反対する議連の活動を再開へ
「もともと日本人じゃない」 平沼氏が蓮舫氏を批判
平沼赳夫氏が新党結成へ
政府と民主を糾弾 特例会見問題で日本会議
参院選までに「新党」結成へ 平沼元経産相

得点調整ない見通し=平均点を中間発表−センター試験(時事通信)
<書道>平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)
鳩山首相、普天間移設「米国とすり合わせる」(産経新聞)
大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)
<防衛省>「うそ発見器検査」明記 隊員から誓約書(毎日新聞)
posted by mn3i8nj3pf at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。