2010年02月04日

明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)

 兵庫県明石市で死者11人を出した歩道橋事故(01年7月)で、神戸第2検察審査会は27日、神戸地検が不起訴とした県警明石署の榊和晄(さかき・かづあき)元副署長(62)=退職=を業務上過失致死傷罪で起訴すべきだと議決したと公表した。昨年5月の改正検察審査会法施行以降、検審が榊元副署長の起訴を求めるのは2回目。同法に基づき、全国初のケースとして今後、裁判所が指定した弁護士が榊元副署長を強制的に起訴することになる。

 27日付の議決では、榊元副署長は同署の警備本部副本部長として事故を予見できたのに、不十分な雑踏警備計画を理解せず、是正しなかったうえ、当日も歩道橋の状況を把握しなかったため、事故が発生したと指摘した。

 同罪の公訴時効は5年だが、同じ事件で同罪に問われ上告中の同署元地域官を共犯者と認定。刑事訴訟法の時効に関する規定に基づき、榊元副署長の時効は停止していると判断した。

 今回の審査では、市民から選ばれた審査員11人中8人以上が「起訴すべきだ」と判断した。今後、神戸地裁が指定した弁護士が県警や地検の捜査書類などをもとに起訴状を作成、公判請求し、公判で冒頭陳述や論告・求刑などを行う。検察が独占してきた起訴権限が市民によって初めて行使されることになる。

 榊元副署長は02年5月、当時の署長(07年に病死)ら11人とともに県警が書類送検。地検は榊元副署長や元署長らを不起訴としたが、遺族は2回にわたり2人の起訴を申し立てた。神戸検察審査会(当時)はいずれも起訴相当を議決したが、地検は2回とも不起訴にした。地検はこれまで、榊元副署長は事故防止に必要な一応の措置は講じており、注意義務違反は認められないとして不起訴としていた。

 遺族は検察審査会法改正を受けて昨年5月、榊元副署長の起訴を求めて3回目の申し立て。神戸第2検察審査会は同7月15日付で「国民感情として納得できない」と起訴相当を議決。地検は同9月30日付で「事故を予見できたとする新証拠は見つからない」として改めて不起訴とした。【吉川雄策】

 【ことば】明石歩道橋事故 01年7月21日夜、兵庫県明石市の大蔵海岸で開かれた花火大会の見物客が歩道橋(長さ約103メートル、幅約6メートル)上に滞留。折り重なるように倒れて子ども9人と高齢者2人の男女計11人が死亡し、けが人は今回の議決で183人と認定した。県警は明石署、市、警備会社の計12人を書類送検、神戸地検は現場責任者5人を業務上過失致死傷罪で起訴し、うち3人は有罪判決が確定した。1、2審とも有罪だった同署地域官と元警備会社支社長の2人が上告中。

 元地域官に対する刑事判決と県などを相手取った民事判決で神戸地裁は「署長と副署長は混雑状況を認識できたのに、地域官らに何ら指示をしなかった」と認定している。

 【ことば】改正検察審査会法 昨年5月21日施行され、検察審査会の議決に法的拘束力をもたせた。検察が不起訴とした事件について、検審が2度、起訴すべきだと議決した場合、自動的に起訴される。

 最初の審査で、検察審査員11人のうち8人以上が起訴すべきだと判断すれば「起訴相当」▽6人以上が不起訴は不当として検察に再捜査を求めた場合などは「不起訴不当」▽それ以外は「不起訴相当」と議決。起訴相当の場合、再捜査した検察が、再び不起訴とするか、原則3カ月以内に起訴しなければ再審査する。

 再審査では、弁護士が法律的な助言をし、検察官から意見聴取した結果、審査員8人以上が起訴すべきだと判断(起訴議決)すれば、地裁が指定した弁護士が検察官に代わって起訴し、公判で求刑などもする。一方、起訴すべきだとする審査員が7人以下の場合は、起訴に至らなかった議決となり、起訴されない。

【関連ニュース】
西松建設裏金:二階氏秘書を再び不起訴 検審議決受け再捜査も
西松建設裏金:自民2議員への献金、検察審が不起訴相当
浄水器虚偽販売詐欺:不起訴不当などの4人を起訴 /岩手
女子トイレ侵入:不起訴不当を議決−−一関検察審査会 /岩手
交通死亡事故男性不起訴:業務上過失致死容疑の男性、2度不起訴不当で起訴 /茨城

<鳩山首相>施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
子育て支援策 「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増(毎日新聞)
「戦場そのものだった」=目撃者の証人尋問−秋葉原殺傷第2回公判・東京地裁(時事通信)
露銃撃時の航跡記録なし、2漁船スイッチ切る?(読売新聞)
小沢氏「責任」言及 低姿勢貫き逆風回避 検察・マスコミ批判も封印(産経新聞)
posted by mn3i8nj3pf at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<東海道新幹線>新横浜−小田原間で30分間運転見合わせ(毎日新聞)

 31日午前6時ごろ、東海道新幹線の新横浜−小田原間で信号系統にトラブルがあり、同区間の上下で約30分間運転を見合わせた。午前7時16分に通常運転を再開したが、上下14本が最大で76分遅れ、約3800人に影響が出た。

 JR東海によると、下り始発「ひかり493号」が午前6時に新横浜を出た直後、前方に列車がないのに信号機が停止信号を示したという。神奈川県平塚市の平塚変電所内の電源装置に異常があったといい、同社で詳しい原因を調べている。

 東海道新幹線では29日に品川−小田原間で下りの架線が切れ、約3時間半にわたって停電するトラブルがあったばかりだが、関連は不明という。

【関連ニュース】
東海道新幹線:架線切れ3時間20分不通…影響15万人
新幹線:目の不自由な男性が転落し重傷 岐阜羽島駅ホーム
東海道新幹線:雪で147本が遅れ
ボンネット型車両:昭和の特急の顔、3月で姿消す
Uターンラッシュ:見送りの人々で混雑…JR名古屋駅

外国人参政権 長尾教授一問一答「読みが浅かった」 国家解体に向かう(産経新聞)
2漁船「迷惑かける」と銃撃明かさず(読売新聞)
<鳩山首相>「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝(毎日新聞)
同じ型の靴底公開=時効まで半年−八王子スーパー3人射殺・警視庁(時事通信)
<坪田譲治文学賞>濱野さんの「トーキョー・クロスロード」(毎日新聞)
posted by mn3i8nj3pf at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。