2010年05月28日

仲井真沖縄県知事が日米合意案に不快感(産経新聞)

 沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は23日午前、県庁で鳩山由紀夫首相と会談し、日米両政府が大筋合意した米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関する合意文書案について、「率直に、県内ではたいへん失望感が出ている」と述べた。鳩山政権が「県外移設」を一時追求しながら、キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)に代替施設を造ることになったことに不快感を示したとみられる。

【関連記事】
「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党
日米合意形成を最優先 普天間問題最終決着ほど遠く
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ
【鳩山政権考】さながら「オール無責任政権」

日米同盟深化に意欲=首相、クリントン長官に表明(時事通信)
<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
四国から東、大雨警戒を=西日本では土砂災害も―気象庁(時事通信)
悪質業者の取締強化へ 警察庁が児童ポルノ対策会議(産経新聞)
posted by mn3i8nj3pf at 03:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

公益法人など78候補判明=20日から仕分け後半戦(時事通信)

 政府の事業仕分け第2弾の「後半戦」で対象となる公益法人などの候補が10日、明らかになった。日本宝くじ協会(総務省所管)や全日本交通安全協会(警察庁所管)など12省庁の78法人。同日から国会議員の「仕分け人」が所管省庁のヒアリングを開始したが、さらに絞り込みや追加対象を検討した上で、18日の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)で最終決定する。
 事業仕分け後半戦は20、21、24、25日の4日間。各事業の必要性に加え、国や独立行政法人(独法)からの天下りの実態や独占的な契約になっていないかなどを精査し、無駄をあぶり出す。
 国所管の公益法人は約6600あるが、(1)国や独法からの収入が半分以上を占める(2)官僚OBの天下りを受け入れている−などの条件から仕分け対象を選んだ。 

県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説(産経新聞)
TBS社員装った男を逮捕 HP開設料名目で現金詐取(産経新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ 参院選など懸念か(毎日新聞)
<小1重傷>捜査車両がはね 兵庫・伊丹(毎日新聞)
防波堤に衣服、容疑の夫か 京都・伏見の母子殺害(産経新聞)
posted by mn3i8nj3pf at 15:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。